老犬ホーム「ケネルズ岡山」

近年では人間と共にペットの寿命が延びて高齢化し老犬老猫の介護が必要になっています。しかし、その介護に対する体制は整っていないので飼い主の負担は大きく、ペットの遺棄や介護の放棄で大きな社会問題になってきています。
動物愛護団体により譲渡会等で救われる犬猫が沢山いる中で、老犬老猫は引き取り手がなく殺処分される可能性が高いと言われています。
飼育放棄したくないが飼い主自身の入院や介護の問題でペットが飼えなくなり保健所に持ち込まれる例が多くなっています。里親制度も整備されつつありますが、ペットも高齢であれば里親もなかなか見つかりません。
飼い主が退院後ペットを飼うことが可能になった場合、ペットとまた一緒に過ごしたいといったケースも有り、里親制度だけでは現状に合わなくなってきています。
老犬老猫ホーム施設は、里親探しか保健所への譲渡(殺処分)の選択肢だけではなく安心して長期間預ける場所として、地域行政(保健所)等と連携して困っている飼い主及びペットに寄り添いその幸せのために施設を運営していくことを目的にしていきます。
大規模災害が発生した際は行政等と連携して、一時的なペットの避難所・保護施設として利用することも可能で、社会貢献出来る施設になります。
雨天でも遊べる広場や、自然を生かした広大なドックランを併設して、ペットだけでなく飼い主や、動物を愛する一般の人たちにも楽しめる施設を運営します。